Messageメッセージ

住んでから後悔しない家づくり

アクト工房を担う二人が、家づくりにおける基本理念やこれからの住宅のあるべき姿について、その想いを語る。

「いい家」とは?

白石

私は昔から人に喜ばれることが好きな性質でした。だから、家づくりも「住み手が満足する家」であることを第一に考えています。それは、大工や職人の経験値だけに頼るのではなく「基本的な基準をきちんと満たし、住む前にその快適性を確認できる家」。それが私たちの考える「いい家」です。

松澤

カッコ良いと思う家はどこにでもあります。しかし、カッコ良く、暖かく、ECOであること。この3つを兼ね備えた家は誰にでもつくるれるわけではありません。だからこそ、アクト工房はそんな家をつくっていける「お洒落な街の工務店」でありたいと思っています。

先を見据えた家づくりを

白石

家は、住んでからでは遅いのです。基本的な性能と機能を満たし、かつ個性的でデザイン的にも魅せる家。性能とデザインにはバランスが必要です。アクト工房が推奨するソトダン21工法なら、性能・機能・デザインの3つを兼ね備えた住環境を提供することが可能です。「住宅を科学する」をモットーに、例えば気密性能については一棟一棟、隙間相当面積0.5c㎡/㎡以下をクリアすることを確認します。これは、私たちが自信を持って提供する家づくりの裏付けとなっているものです。

松澤

エネルギー・設備・建築基準が、目まぐるしい変化を遂げるであろう近い将来に向けて、努力も欠かせません。現在アクト工房では、全棟でBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)を取得し、第三者による住宅性能評価を保証しています。すべてのお施主様にアクト工房の家を満足していただけるよう、そして、ご家族・ご友人に自信を持って紹介していただけるような家づくりを目指し、これからも立ち止まることなく、技術力・提案力を磨き続けていきたいと思っています。

白石

設立当初から、住宅の一棟一棟を細かく丁寧に手がけてきました。お客様の側の目線に立って、一緒にじっくりと打ち合わせをして、より喜ばれる、オンリーワンの家づくりを心がけてきました。これからも研究と努力に邁進し、お客様のこだわりを具現化して、家族の毎日が楽しく潤うような暮らしの提案をしてまいります。あなたの暮らしに必要な、たくさんのものを詰め込んだ家。私たちは、一緒につくり上げていきたいのです。

Memberメンバー

  • 白石典子

    代表取締役

    白石 典子

  • 松澤 総志

    設計・営業部長

    松澤 総志

  • 木村 聡

    設計・営業部

    木村 聡