Works実例紹介

  • 07-01

困難な敷地へ
施主様との挑戦

住宅雑誌Replan vol.106掲載事例

 相談を受けた施主様の敷地は、間口約5メートル、23坪の敷地。そこにカーポートを組み込んだ3階建ての住宅が希望だった。性能値は札幌版次世代ベーシックレベル以上、長屋3階建てで耐震等級2等級が希望(これが困難なのだが)。加えて、吹き抜け付きの3LDK、トレーニングスタジオ付き。この難題に、建築士の施主様と当社のコラボレーションで挑んだ。空間に多数出てくる耐力壁は収納や間接照明等に同化するようさまざまな造作を施すことで対応。最低限の動線は確保し、空間をより広く見せるため、白を基調とする。半地下のトレーニングスタジオは無機質なイメージにデザインし、外部に漏れないよう防音にも配慮した。ゼロ・エネルギー・ロードヒーティングシステムを採用し、冬の堆雪スペースがない欠点を補う(住宅では試験的に初採用)。施主様含め協力業者皆様の頑張りなしでは、完成は不可能であっただろうと今でも思う。思い出に残る現場だ。
 
Q値1.27W/㎡K以下、C値0.5㎠/㎡以下、UA値0.27W/㎡K
札幌版次世代基準ベーシックレベル取得・耐震等級2レベル取得
デザイン・ファンクション・クオリティそしてLOW-CO2