Works実例紹介

  • 10-01

無窓に魅せる箱 再

景観と性能の両立

住宅雑誌Replan vol.101掲載事例

 恵まれた景色の北向きの敷地を生かしながら断熱性能も重視し、建物正面は無窓とした。南に面したリビング・ダイニングには大開口のサッシを配置し、景観と日射の両方を取得。シャープな外観とは対照的に、内装は素材感あるシンプルな仕上げで存在感を出した。眺めのよい外部を見渡せる広いリビングには大空間の吹き抜け。リビングとつながるバーベキューテラスは家族団欒の場所となる。2階のキッズルームからの眺めは最高で、無論、長期優良認定取得の1軒である。
 
Q値:1.4W/㎡K以下、C値:0.5㎠/㎡以下。
「DESIGN・FUNCTION・QUALITY そして、LOW-CO2」
低炭素建築物認定制度が本格的に動き始めた2013年、アクト工房の建物はまた新たなスペックに挑戦し、新たなキーワードが増えました。