Works実例紹介

  • act25-01

困難な敷地への挑戦・平屋編

住宅雑誌Replan vol.116掲載事例

 自然の眺めが良い河川敷の辺鄙に位置し、旗竿地・逆勾配排水・長距離排水引込・窪地など、建物を建てるにあたり困難な要素が多かった敷地で、施主と共に設計に挑戦した住宅。
 シンメトリーな外観デザインのこの住宅は、ロケーションの特徴を最大限に活かし、自然の風景を室内に取り入れることを第一にした。リビングに設けた大きい窓からは、毎日の景色はもちろん、夏の花火大会もソファに座ったまま楽しめる。
 室内は極力仕切りを設けず、高さの違いでプライベート感を演出。道産カラマツを使用した当社の造作家具と施主DIYのソファテーブルが相まってハンドメイド感と素材感が際立つオリジナリティー溢れる空間に仕上げられている。奥さんと一緒に選んだスイッチプレートとペンダントライトもポイントに。
 アクト工房スタイルのハイクオリティなデザインと、充実した住宅性能で実現する快適で心地よい、二人暮らしの特別な空間が完成した。

UA値0.3W/㎡K C値0.2㎠/㎡
長期優良住宅認定取得、BELS☆☆☆☆☆(5つ星)取得
デザイン・ファンクション・クオリティを実現したLOW―CO₂の住まい